Linux/Postfixでsmtpをbcc

Postfixでsmtpをbccする。

always_bcc設定

送受信内容を全てhogehoge@gmail.comにbccで送ってしまう。

# vi /etc/postfix/main.cf
always_bcc = hogehoge@gmail.com 

条件を指定

# vi /etc/postfx/main.cf
・受信者指定する場合
recipient_bcc_maps = hash:/etc/postfix/recipient_bcc

・送信者を指定する場合
sender_bcc_maps = hash:/etc/postfix/sender_bcc

◆例

  • aaa@fl8.jp」がメール受信すると、「hogehoge@gmail.com」にbccで転送される。
    # vi /etc/postfix/recipient_bcc
    aaa@fl8.jp  hogehoge@gmail.com
  • aaa@fl8.jp」がメール送信すると、「hogehoge@gmail.com」にbccで転送される。
    # vi /etc/postfix/sender_bcc
    aaa@fl8.jp  hogehoge@gmail.com

問題点

  • gmail側がSPAMだと思って、smtpセッションを止めちゃう可能性がある。
  • 元々BCCで送られてきたメールはヘッダを見ても誰宛に来たのか特定できない。