Unixコマンド/export

export

機能

exportコマンドは、bsh(およびbashなどのbsh系シェル)の内部コマンドで、
設定された環境変数(とその変数に設定された値)を有効にします。

現在設定されている環境変数一覧
引数に何も指定せずにexportコマンドを実行すると、exportコマンドは現在設定されている環境変数の一覧を表示します。
Solarisのbshでは、引数を指定しないと、現在のシェルを実行中に新たにexportされた変数のみが表示されます。

構文

export [環境変数名[=値]]

コマンド例

▼環境変数を設定する

$ LANG=ja_JP.ujis             環境変数LANGとその値を設定する
$ export LANG                 LANGに指定した値を有効にする
$ set | grep LANG
LANG=ja_JP.ujis               環境変数LANGが設定された

▼環境変数を設定と同時に有効にする

$ export JSERVER=localhost
# set |grep JSERVER
JSERVER=localhost

▼現在設定されている環境変数一覧を表示

$ export
USER
MAIL
HOME
PAGER
ENV
LOGNAME
BLOCKSIZE
TERM
PATH
SHELL
FTP_PASSIVE_MODE
EDITOR