Windows/ERAM

ERAM

最近は大容量のメモリを積んだPCも増えてきてます。
メモリはHDに比べてアクセス速度が格段に速く、メモリをHDとして認識させ、ここにテンポラリを置けばかなり快適に利用することができ、おまけにHDのファイルの断片化が無くなる。

自分はThinkPad X40を使用してますが、HDが1.8インチのものを使っており、通常B5ノートなどで使用される2.5インチHDよりもさらに遅いです。 ベンチマークソフトを使って調べてみたところ50倍以上のスコアをはじき出しました。!

環境

OS:Windows2000
メモリ:768

こちらが通常のCドライブ

c.jpg

こちらがメモリをHDと仮想したZドライブ(RAMDISK)

z.jpg

ダウンロード

えらー15の部屋

今回はVer 2.20をダウンロードしました。
ERAM for WindowsNT3.51/4.0/2000/XP Ver 2.20 ドライバ

インストール

インストールはデバイスの追加で行います。

  • コントロールパネル⇒ハードウェアの追加削除
    2.jpg
  • デバイスの追加にチェックを入れ[次へ]
    3.jpg
  • 新しいデバイスの追加を選択し[次へ]
    4.jpg
  • ハードウェアの検出が行われ少し時間がかかります。
    一覧からハードウェアを選択しますを選んで[次へ]
    5.jpg
  • ハードウェアの種類はとりあえず、その他デバイスを選択して[次へ]
    6.jpg
  • デバイスドライバの選択の画面になりますので、ディスク使用をクリック
    7.jpg
  • ダウンロードしたERAMN220.LZHを解凍してあれば、2000フォルダの中のERAM2000.INFを選択する。
    8.jpg
  • そのまま次へ
    9.jpg
  • 設定はコントロールパネル⇒ERAMで行います。
    10.jpg

オプション

設定はこんな感じ全体のメモリ768Mあって250MをZドライブに割り当てました。

option.jpg

BOOT.INIの編集

一番最後の/MAXMEM=512を追加。
OSで使用するメモリを512Mに制限する意味。

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINNT="Microsoft Windows 2000 Professional" /fastdetect /MAXMEM=512

既存のドライブが全てNTFS等でFATのドライバがロードされない場合は以下を実行。

RUNDLL32 ERAMNT.CPL,StartupFastfat 1

これで Windows 起動時に FAT ドライバが組み込まれるので、ERAM ドライブも正常に利用することが出来るようになります。なお、FAT ドライバを自動組み込みに戻すには、最後の "1" の部分を "4" にすれば良いとのことでした。

総評

上記のように設定しメモリの一部をZドライブとして、下記のような用途で使えばかなり早いです。
インターネット一時ファイル
tempフォルダ
ページングファイル
しかし、メモリが数ギガあるようなPCであったらです。
自分のように300M程度しかZドライブに割り当てられない環境では、ページングファイル領域として使った場合、大きな圧縮ファイルを解凍するだけの要領が無く解凍できない。
やはり、今の環境ではインターネット一時ファイル領域として使うのが適切のようです。